› ハナブサ 時と宝石のブログ › ハナブサ日記

2017年07月18日

JAPAN SELF DEFENSE FORCE (自衛隊時計 ) 

2017年夏 KENTEX(ケンテックス)の取り扱いを開始しましたicon97

JSDF

国産時計メーカーのケンテックス
立ち上げた当初はスイス製ムーブメントを採用したり、海外生産を行うなど様々なチャレンジをしたそうです。
その結果、高品質て適正価格を実現するために、国産ムーブメントを使用し日本で生産するという結論に達しました。

2001年には日本製の自衛隊ミリタリーウォッチを開発。
防衛相と契約し、JSDF (JAPAN SELF DEFENSE FORCE 自衛隊 )の略称がそのままモデル名になったシリーズをつくりだしました。


JSDF ナイロンバンド

革で裏打ちされたナイロンバンドは装着感と耐久性に優れています。


(注)自衛官でなくても、お買い求めいただけます face02  


【ランキング参加中!ブログを応援して頂ける方、下記バナーを“ポチッと”お願いします。】
にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へにほんブログ村 ファッションブログ ジュエリーへ



Posted by hanabusa at 15:46Comments(0)ハナブサ日記時計紹介

2017年07月18日

夏場に多くなる時計の不具合(修理)は・・・

水遊び 子ども

毎日毎日暑いですface11
熱中症予防に気をつけて、この夏も乗り切ろう!!と多くの方が思っていらっしゃると思いますが
時計修理の現場では夏になると増加傾向にある修理内容があります。

水のみ場

水・湿気入りによるガラス曇り
デスface14

時計の防水性を上回る水圧がかかってしまうと、時計内部に水分が侵入してしまい
ガラスの内側が曇ってしまいます。icon15



でも!これは意外とご本人が気が付いていない場合が多いようです。
フツーに

「電池交換お願いしますface02

とお持ち込みいただく時計でも、ガラス内側に曇りがある場合が結構あるんですface13

曇ってしまったガラスは内側から拭きあげればキレイになりますが、問題は機械に湿気が侵入してしまっていること。
今、正常に動いていたとしても

機械に湿気→機械に錆び→時計の不具合

になってしまう可能性が高いので、分解掃除をお勧めしています。



icon14ガラス内側を拭きあげた状態


≪結論≫
時計は精密機械です。
水や湿気が入るような環境で時計を使用しないようにしましょう。
防水性の高い時計でも経年によって防水性は低下していきます。
「ガラスが曇ることがある」事を知って、ガラスがクリアでない時は出来るだけ早めに対処してくださいネ  


【ランキング参加中!ブログを応援して頂ける方、下記バナーを“ポチッと”お願いします。】
にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へにほんブログ村 ファッションブログ ジュエリーへ



2017年07月17日

腕時計の電池交換は機械・ケースの状態をチェック♪

エルメス・電池交換

毎日、沢山の時計の電池交換をご依頼いただきます 。
裏蓋を開けた状態はこんな感じです。icon14icon15



電池交換をして、時計が動くのを確認してご返却しても、時計がどれくらい正常に動いてくれるか分かりません。

100%分かるわけではないのですが、消費電流・残留磁気などを計測したり、機械の汚れ具合を確認したりして、ある程度機械の状態を診断することが可能です。
時計診断をして、問題がないと判断されれば電池交換をして完了なのですが・・・

上2枚の写真のように、
ケースの汚れが問題な場合があります。

ケースと裏蓋の隙間から汗・汚れが入り込んでしまった状態です。
汚れとサビが見受けられます。

見かけや衛生上の問題だけでなく
汚れ(サビを含む)が機械内部に侵入して機械に悪影響を与えてしまったり
サビによりケースに凹みができて、防水性が低下したりします。

金属バンドのコマを連結するピンが錆びにより痩せてしまって抜け落ちてしまい時計を落下させてしまったり、
逆に錆びによりピンが外れなくなって(固着)しまい、バンド調整や交換が出来なくなってしまうこともあります。

カルティエ・電池交換

こんな時は時計クリーニング(クオーツ式の場合¥3,000+税)をお勧めします。
機械をケースから取り出し、機械はそのままで、ケースとバンドの超音波洗浄をします。


早め、早めのケアが時計を長持ちさせるコツです。






  


【ランキング参加中!ブログを応援して頂ける方、下記バナーを“ポチッと”お願いします。】
にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へにほんブログ村 ファッションブログ ジュエリーへ



2017年07月13日

やっぱり厄年??? 「紺屋の白袴」 状態

ちょこちょこ風邪をひいたり、肩こり・腰痛は慢性的にあることはあるのですが
これまで、入院が必要な病気はしたことがなくこの年(いったい幾つ??face11)まで過ごしてきましたが・・・


3月にぎっくり腰
4月に吐き気・回転性の目まい(痙性めまい)で緊急入院

そして6月
仕事帰りにぎっくっと 今度は捻挫icon41



人生初の松葉づえ経験となってしまいました
今でも足の腫れ・痺れが引かないので接客時も足元は

クロックス

なんてカジュアルな店員さんでしょうface08
と思われているのかしもしれません。

これだけ続くと

原因は何かある! 加齢のせいではない!

と思いたくなり調べてみたら 今年の私はピッタリ本厄の年face10
ジュエリー業界では

厄払いに長いもの

厄払いに7色の色のあるもの


を身に着けると良いということで、パールのネックレスや7色使いのリングなどをご提案しております。
が!!!
「紺屋の白袴」 で、自分が厄年であることすら忘れ何もしておりませんでした。
面目ないicon198

・・・というわけで本日からパールのロングネックレスを出来るだけ身に着けておこうと思っております。face11


パールネックレス







  


【ランキング参加中!ブログを応援して頂ける方、下記バナーを“ポチッと”お願いします。】
にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へにほんブログ村 ファッションブログ ジュエリーへ



Posted by hanabusa at 13:42Comments(0)ハナブサ日記

2017年07月11日

クロノメーターと海賊(パイレーツ・オブ・カリビアンでは・・・)

海賊・地図

2017年夏公開の映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」
またまた、このお話で恐縮ですが・・・face11


劇中でヒロインの天文学者は「時計(クロノメーター)」を用いて、宝のありかを見つけ出します

時計のハナブサとしては、ここの描写に心ときめきました。icon102face05

元々、時計の発展と歴史には大航海時代が大きく影響しています。


海を制するものが世界を制す


といわれましたが、航海するものにとって一番怖いのは敵船ではなく、海難事故icon196
船の位置を正確に知るためには、太陽や星の高度と測った時間を天測歴などと照らし合わせます。


つまり時間の計測がいかに正しく出来るかどうかがカギとなります。
1714年にはイギリス政府は正確なクロノメーターの開発に2万ポンドの賞金を出したほどです。


そして・・・1735年
イギリスの木工・大工職人ジョン・ハリソン(後に時計職人になります)は、温度や揺れに強い置時計「クロノメーターH1」を製作しました。


カリブ海に海賊が出没したのは17世紀~1830年代。
パイレーツ・オブ・カリビアンの舞台は18世紀前半だそうですので、クロノメーターもごく一部の天文学者や航海のプロ(海軍)にしか知られていなかったのかもしれません。
時計(クロノメーター)で航路を決定するヒロインの天文学者に

「時計なんかで宝の島が見つかるはずがない!!」

と海賊たちが怪訝な態度をしめしたのもなるほど!です。

これ以上お話しすると、ネタバレになるので ・・・・・face06



【クロノメーター】元々は「時を図る機械」という意味ですが、現在では秒針を備えた高精度な時計をさし、公的機関によって厳しい検査を行いクリアしたものにクロノメーター認定書が発行されます。

  


【ランキング参加中!ブログを応援して頂ける方、下記バナーを“ポチッと”お願いします。】
にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へにほんブログ村 ファッションブログ ジュエリーへ



Posted by hanabusa at 18:29Comments(0)ハナブサ日記