› ハナブサ 時と宝石のブログ › 和時計をつくる(デアゴスティーニ)

  

【ランキング参加中!ブログを応援して頂ける方、下記バナーを“ポチッと”お願いします。】
にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へにほんブログ村 ファッションブログ ジュエリーへ



Posted by at

2011年09月14日

デアゴスティーニ・和時計をつくる(3)音穴板をつくる


デアゴスティーニ「週刊和時計をつくる」創刊号の作業は
前回このブログで紹介させていただいた文字盤の墨入れ
この音穴板を作ること




・・・と言っても木枠は既に完成しているので
透かし布の網目と抑え板を水平垂直に合わせること
がポイントぐらいで難しくない作業です
強いて言うとすれば
ハサミでカットするときは出来るだけ根元のほうを使うことと
透かし布のほうを下にして
ハサミをやや斜めにして切ると
角が綺麗に仕上がります。
枠にはめてしまうと見えなくなるところではありますが
職人としてはこだわってしまうところですね。






これで創刊号の作業は終了です icon100
次号が待ち遠しいですね




言い訳ですが・・・face11九州地区は発売が2日遅れです
すなわち
デアゴスティーニの社長さんの和時計組み立て日記より
ほぼ1週間遅れで手元に届きますので
ブログアップも遅れ気味になりますことをご了承ください




ということで
恒例のハナブサ所蔵の和時計との比較タ~~イムicon77
デアゴスティーニさんの「週間 和時計をつくる」で
制作する時計はこれよりも後の時代(江戸時代後期)の
和時計(台時計)のデザインの復刻です
ところが弊社所有の和時計(櫓時計)は江戸時代前期の時計
音穴板のような部品は存在しません
↓こちらが弊社の和時計櫓時計(やぐらとけい)です



戦国時代の鉄砲職人が中心となって制作した櫓時計と
天下泰平の江戸時代後期の美術性、インテリア性を備えた台時計
趣が随分と違いますね
一般的な和時計の場合
黒ければ黒いほど時代が古いといわれています



デアゴスティーニさんの「週刊 和時計をつくる」は
勿論本ですので そこのところの解説と写真もバッチリicon22
このシリーズで得られる情報も毎回とても楽しみです






  


【ランキング参加中!ブログを応援して頂ける方、下記バナーを“ポチッと”お願いします。】
にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へにほんブログ村 ファッションブログ ジュエリーへ



2011年09月10日

デアゴスティーニ「和時計を作る」(2)文字盤墨入れ




ディアゴスティーニの「週刊和時計を作る」の創刊号は
文字盤の墨入れ
「墨入れ」という言葉の響き!いいですね~~face15
なんだか職人技という感じがしませんか?





今回の「和時計をつくる」の文字盤は真鍮(しんちゅう)で出来ています
身近なものでは5円玉も真鍮製ですね
実は 真鍮は地板など腕時計の部品として最も多く
使用されている金属です
銅と亜鉛の合金ですが腕時計に使用されるときは
銅70%亜鉛30%前後の割合の合金が多いようです

表面の酸化してやや赤みを帯びた状態を取り除くために
真鍮磨き布を使うのですが
文字盤の表面の金属の筋目に平行に磨くことをお勧めします。
磨き傷がいろんな方向にあると綺麗ではありませんから。

余談ですが・・・英語ではbrass(ブラス)icon97
ブラスバンドの由来とも言われています



表面磨きが終わったら洗浄です
表面に皮脂汚れ等が付着していると仕上げがキレイになりません
まずは超音波洗浄機に「ヤシの実洗剤」を入れて洗浄
三分間ぐらいでいいでしょう。
もちろんすすぎも超音波洗浄機を使いました
ティッシュペーパーで水気を完全に吸い取ります
そしてドライヤーで乾燥です




いよいよ墨入れです
ちょっとワクワクしますね face15
全面に墨が入ったら再び仕上げ磨きです
創刊号に付いていた真鍮磨き用の布は小さく切って使用しました
今回も文字盤の筋目に添って拭き上げます
そして 出来上がりがこちら↓です





弊社では時計修理技能士・山崎オメガなどのインデックス再塗装
油性の塗料で作業しています
次号の「和時計を作る」も墨入れの作業があるようですので
山崎にも体験してもらい感想を聞いてみようかと思います





ちなみにhanabusa所蔵の和時計の文字盤を参考までにアップしてみます
全て江戸時代の時計と言われています


まずは櫓時計(やぐらとけい)



↑こちらが 今回のデアゴスティーニさんの時計と
同じ機構の二挺天符の時計
それよりも 古い時代と思われる
一挺天符の時計です↓



そして ちょっと面白い文字盤がこちら↓



機構は一挺天符ですが 文字盤は後から交換したものか
この文字盤で作成したときに あえて古い時代の機構を作ったのか?



そして 尺時計の文字盤がこちら↓






現代の和時計と江戸時代の和時計を
比較しながら このコーナーは進めていこうと思います





  


【ランキング参加中!ブログを応援して頂ける方、下記バナーを“ポチッと”お願いします。】
にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へにほんブログ村 ファッションブログ ジュエリーへ



2011年09月01日

デアゴスティーニ「週刊和時計を作る」に挑戦(1)


趣味の扉を開くディアゴスティーニ」から
2011年8月30日(九州地区は2日遅れface11
江戸時代の機構で完成された「週刊和時計を作る」の発売が開始されました






ハナブサでは およそ400年前の本物の和時計を
5台所有しています
一級時計修理技能士であるドトーのランナーが
メンテナンンスをして動くようになったものもあります





江戸時代に作られ、日本独自の不定時法で時を刻む和時計は
別名「大名時計」と呼ばれていました
大名でもないと手に入れることが出来ない品物でした
時計を動かすために専任の「時計師」まで雇わなくてはなりません




そんな贅沢な和時計を自分で組み立てることが出来る!
本物と復刻版両方を照らし合わせて見てみたいicon77
ということで
「週刊和時計をつくる」に挑戦することになりました
全60回 製作の経過はこのブログで順次
ご報告させていただくつもりです
(3日坊主になったら時計店の名折れですface13




それにしても・・・・



これは業務なのか?趣味なのか?
それが問題だicon77









週刊和時計を作る
全60号
種類:二挺天符式台時計
大きさ:高さ67cm・幅24cm
パーツ:木製、真鍮製合わせて約420点
  


【ランキング参加中!ブログを応援して頂ける方、下記バナーを“ポチッと”お願いします。】
にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へにほんブログ村 ファッションブログ ジュエリーへ