› ハナブサ 時と宝石のブログ › 時計修理相談

2016年08月03日

防水時計の防水性を過信しないで



夏になると 時計の内部に湿気が入ったり、水が入ったりしてメンテナンスにお持ちくださるお客様が激増します。
機能以上の水圧が時計にかかると時計内部に湿気や水が入ってしまうからです。

まずはご自分の時計の防水性を確認してください。
文字盤上や裏蓋に
①WATERRESIST20bar  とか  ②WATER RESIST200m  と記載してあります。

①は20気圧防水 「日常生活用強化防水」。
水仕事やシャワーから、水上のマリンスポーツや水泳・素潜りなどのシーンに対応しています。
潜水用には使えないのでご注意ください。

②200m防水  「潜水用防水」。
水深200mまで潜ることが可能なダイバーズウオッチです。

でも でも でもicon67

icon77ちょっとまった

時計修理受付現場からみると、防水時計とうたった時計ほど、時計に湿気、水入りしていることが多いのです。
その理由は下記の2つ

原因1) 防水性の低下
定期的にパッキンを交換しなければ防水性は低下します。
裏蓋、リュウズ周のサビや摩耗で防水性は低下します。
ガラスの傷や欠け、接着劣化でも同様です。
これらを回避するには2年~3年ごとのパッキン交換、防水検査が必要になります。

原因2) 単純な操作ミス
リュウズの締め忘れ、水滴が付着したままのボタン操作など

結論!
防水時計を過信しないでください
となります face11


   

  


【ランキング参加中!ブログを応援して頂ける方、下記バナーを“ポチッと”お願いします。】
にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へにほんブログ村 ファッションブログ ジュエリーへ



Posted by hanabusa at 15:40Comments(0)時計修理相談

2016年06月12日

皮から革へ~ なめし技術のお陰です

シャーク革

「皮」をなめして道具として使用できるように加工したものですが「革」。
ですから、「時計皮バンド」ではなくて「時計革バンド」が正解face02

ピッグ(豚)、カーフ(子牛)、コードバン(馬の尻)、リザード(トカゲ)、シャーク(サメ)、オーストリッチ、カイマンワニ、クロコダイル、ガルーシャ(エイ)・・・
まるで動物図鑑のような 名前が並びますが・・face11
実は これらは全て時計の革バンドに材料として使用されているものです。
自然との共存の中で人類が見つけ出した天然の素材達。命あるものからいただく大切な資源です。



今回、ブルガリ・ソロテンポ用にオーダーいただいた革バンドはシャークでお作りさせていただきました。
ステッチの色はバンドの革の色と敢えて違う色を選び、ステッチを強調しています。
オーダーバンドをお作りするとき、形状はそのままで色・素材・ステッチを変えるだけで随分と印象が変わってきます。


純正の尾錠(止め金具)があればそれを利用させていただき、革バンドのブランドイメージを損なわないようにするのがお勧めです。
それぞれの革の特徴を確認し、お気に入りの1本を見つけてください。

私の中でのマイブームは写真のシャーク革。
ちょっと大人のイメージの高級感のある革バンドになります。icon105

   




  


【ランキング参加中!ブログを応援して頂ける方、下記バナーを“ポチッと”お願いします。】
にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へにほんブログ村 ファッションブログ ジュエリーへ



Posted by hanabusa at 13:49Comments(0)時計修理相談時計紹介

2015年06月09日

時計の寿命が延びるメンテナンス相談会


明日 6月10日は時の記念日
この日を記念してハナブサでは400年前の和時計の一般公開をさせていただいております。
不定時法という自然と共存スルライフスタイルから生み出された日本独自の時計についてお話をしながら 今お使いの時計を出来るだけ長くキレイに正確な時を刻むためのコツをお話させていただきました。

知れば知るほど奥が深い時計の世界です
この一般公開は 6月11日~6月14日まで開催いたします
詳しくはこちらからどうぞ
時の記念日和時計一般公開





  


【ランキング参加中!ブログを応援して頂ける方、下記バナーを“ポチッと”お願いします。】
にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へにほんブログ村 ファッションブログ ジュエリーへ



Posted by hanabusa at 15:14Comments(0)時計修理相談

2015年05月07日

時計の変色(カルティエ・ヴェルメイユ)改善の事例集



ハナブサでは 店頭での修理受付の他に全国からメンテナンスの依頼を受け付ける時計クリーニング.COMサイトを運営しています。その中でご依頼が多いカルティエ・ヴェルメイユ。シルバー素材に金メッキを施した時計です。シルバー独特の風合いと質感がとても素敵な時計なのですが・・・シルバーの性質上、経年と共に酸化による変色が出てきます。大事にして引き出しの中にしまっていてある日取り出したら!!!!!!!写真のような状態にface13



折角のカルティエが!!殆どのお客様がこの状態の時計に遭遇した時、ショックだったとおっしゃっています。
icon15でも、完全復元とはいえませんが、超音波洗浄とイオン洗浄のダブルクリーニングでここまでキレイになります





写真では金色が薄くなってしまっているところがハッキリ分かりますが、目でみると周りの輝きで金メッキ剥がれの状態が若干緩和されて見えます


もう一つは完全にメッキが剥がれてしまっていたので 金メッキをかけ直しました。

カルティエ・ヴェルメイユの変色はケースバイケースです。たくさんの事例を下記に掲載しています。ご参照いただければ幸いですface02

カルティエ・再メッキ仕上げ事例集
カルティエ変色・クリーニングのみの実例集



  


【ランキング参加中!ブログを応援して頂ける方、下記バナーを“ポチッと”お願いします。】
にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へにほんブログ村 ファッションブログ ジュエリーへ



Posted by hanabusa at 21:03Comments(1)時計修理相談

2014年10月31日

別れ難い相棒AIBOと思い出の時計

子犬と花

AIBO(アイボ)は、ソニーが発売していた子犬型などのペットロボット
今年の3月でソニーが修理サポートを終了してしまいました
2005年生産終了から考えると 修理サポート期間は9年間でしたので
通常のメーカーサーポート期間から比べると
かなり頑張ってくれていたようです


そうはいっても 家族動線に可愛がって育ててきた
飼い主(持ち主)の気持ちとしては
やっぱり寂しいface14
完全修理でなくてもよいから
部分修理だけでもよいから
最後の部品が無くなってしまうまで修理を受け付けることは
出来ないのかなと思います


時計修理の場合も同じで
メーカーさんんは交換部品が無いと「修理不可」ランク付けをし
修理を受付ないことがあります
時計の不具合は 潤滑油の劣化や機械内部の汚れによるものが多く
全ての時計修理に部品交換が必要になるのではありません
けれど 修理保証期間内に部品交換が必要になったりした場合
再修理が不可能ですので
交換部品がないものは 一律 修理不可品とランク付けされてしまうのです


AIBO(アイボ)と同じく
時計には沢山の思い出が詰まっています
メーカーで修理不可と断られても
何とかして動かして欲しいと言われるお客様が沢山いらっしゃいます
ハナブサでは 製造番号だけで 修理不可と判断せず
機械の状態をよく見て
どれくらいのリスクがあるか充分お話をさせていただいた上で
充分納得された上で修理を受付ることが出来るよう努力しています






  


【ランキング参加中!ブログを応援して頂ける方、下記バナーを“ポチッと”お願いします。】
にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へにほんブログ村 ファッションブログ ジュエリーへ



Posted by hanabusa at 09:05Comments(0)時計修理相談ヨモヤマ