ハナブサ 時と宝石のブログ
 › ハナブサ 時と宝石のブログ

2016年08月17日

金メダルの価値~5億7000万円?



連日熱戦が繰り広げられているリオオリンピック。
いささか寝不足気味~~~~な方も大勢いらっしゃるのではないでしょうか?

オリンピックの度に金メダルをお金に換算すると・・・という記事が必ず登場しているような face11
春や秋の叙勲の勲章の価格はあまり取沙汰されないのに「金」という言葉の魔力でしょうか? 

今回のメダルはオリンピック史上一番重い金メダルと言われています。
直径8.5cm 500g
IOCの規定では 6g以上の金が使用されていることが条件だそうです。
・・・ということは メダルは純金ではないので、換金しない方がよいということになります。
←当たり前デスネ


ところが!
同じメダルでもノーベル賞の金メダルがオークションにかけられたことがあります。

受賞者が存命中にメダルを競売にかけたのは初めてで当時話題になりました。
NAの二重らせん構造の発見者でノーベル賞を受賞した研究者のジェームズ・ワトソン氏です。
このときの落札価格が5億7000万円。ロシアの富豪・ウスマノフ氏が落札しました。

この話には続きがあります。icon97
ウスマノフ氏は「卓越した科学者がその功績を表彰するメダルを売 却するような状況は受け入れ難い」「ワ トソン博士の功績は、私の父親の死因となったがんの研究に寄与した。 」
としてメダルをワトソン氏に返却しました。
かっこいい~~~

オリンピックのメダリストも入賞者も一過性にもてはやすのではなく、生涯にわたってその能力を活かしていける環境づくりが出来る社会になれば素晴らしいですネ!

 
  


【ランキング参加中!ブログを応援して頂ける方、下記バナーを“ポチッと”お願いします。】
にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へにほんブログ村 ファッションブログ ジュエリーへ



Posted by hanabusa at 13:58Comments(0)宝石雑学ヨモヤマ

2016年08月13日

End of life(エンドオブライフ)と 電池交換



End of life・・・・ 「人生の終わり」「人生の最終段階」

「お盆」になりました。
今は亡き大切な人やご先祖様に思いを馳せ、「生と死」を考える機会です。
最近では 「終活」や「エンドオフライフケア」など 死ぬことを考えることにより、どう生きていくかを考える前向きな提案が増えてきました。
元気な時だからこそ 話せる事かもしれませんね。

ところで・・・
「End of life」という言葉は時計の機能にも用いられています。
略して EOL

まさしく 「(電池式)時計の人生の終わり」を知らせる機能です。
通常1.55Vの電池電圧が 1.35V~1.4Vに下がった時、針の動きを変えて電池寿命が近いことを知らせてくれます。
それまで1秒毎に針が進んでいたものが、突然数秒ごとに動くようになります。
音で表現すれば・・・
チッチッチッチッチッチッ
と動いていたものが
チチチッ・・・チチチッ・・・
といった動きになります。 
秒針の動きは変わりますが、時間は狂いません。


この動きが始まったら 数日から1週間で止まってしまいます。
全ての時計にこの機能が備わっているわけではないので、長年時計を愛用されていた方でも 初めてこの動きを見たときは「壊れてしまったicon66icon67
と慌てられる方が多いようです。


慌てず、焦らず、でも出来るだけ早い機会に電池交換をされてください。
放置すると液漏れのリスクが高まります。
電池寿命のエンドというだけで、時計そのものはまだまだ動き続けてくれるはずですからface15


 




  


【ランキング参加中!ブログを応援して頂ける方、下記バナーを“ポチッと”お願いします。】
にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へにほんブログ村 ファッションブログ ジュエリーへ



Posted by hanabusa at 18:05Comments(0)時計雑学

2016年08月07日

競泳のタイムは「100分の1秒」な訳~「金メダルおめでとう」に寄せて

競泳

萩野公介選手 リオオリンピック400m個人メドレーの優勝!
おめでとぉぉぉヽ(゚▽゚)(゚▽゚)o∠※PAN!。.:*:・'゚☆。.:*:・'゚★゚'・:*

記録は4分6秒05

現在水泳の記録は100分の1秒単位で争われていますがこれには歴史があります。
1972年ミュンヘン・オリンピックの 400m個人メドレーで 4分31秒98の記録で2名の選手が同時にゴールface08
ルールに従って1000分に1秒単位の記録を元に1000分の2秒差で金メダルと銀メダルに分かれました。

けれど このことが物議を醸しだしました。
「水のうねりなどによってコースの条件は異なるのに、1000分の1秒単位で争うことは公平なのか・・・」
国際水連はルールを改正し
「100分の1秒単位で同タイムの場合は同着とする」
となりました。

この改正ルールによって 1984年のロサンゼルスオリンピックで女子100m自由形決勝で2人の金メダリストが誕生しました。


今回、萩野公介選手 瀬戸大也選手お二人の同タイムによる金メダルにはなりませんでしたが、試合後の瀬戸選手の前向きな発言に胸キュンface05となりました。
選手のみなさんの努力にエールを送ります。


   
  


【ランキング参加中!ブログを応援して頂ける方、下記バナーを“ポチッと”お願いします。】
にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へにほんブログ村 ファッションブログ ジュエリーへ



Posted by hanabusa at 15:56Comments(0)時計雑学

2016年08月04日

川遊びとダイヤモンド(ユーレカ)~南アフリカの希望



夏休みicon01 川遊びを楽しむ子供たちの姿が微笑ましいですねicon67

そこで 本日は川遊びとダイヤモンドのお話しデス

リチャードバートンがエリザベステーラーに贈った「ティラーバートン」face05
それを所有するものに不幸が訪れる「ホープ(呪い)ダイヤモンド」icon196
など・・ダイヤモンドには それを取りまく逸話から 名前をつけられたものがあります。
その中で「ユーレカEureka」と名付けられたダイヤモンドの逸話は、小さな子どもが川沿いの石を見つけたことから始まります。

1866年 川沿いで不思議な石を見つけ、おもちゃとして妹にプレゼントしました。
けれど ガラスと擦り合わせるとガラスに傷がつきもしや??
ということで都会の地質学者へ郵送icon30
すると・・・21.25カラットのダイヤモンドということが確定したということです。icon97
これが 南アフリカで最初に発見されたダイヤモンドです。
これがきっかけで南アフリカはダイヤモンドの生産国(現在世界8位くらい)になりました

ユーレカはギリシャ語に由来する感嘆詞で、何かを発見・発明したことを喜ぶときに使われるそうです。
日本語に訳すと「やった~~」「分かったぞ」「見つけた」となるようですが、
この夏 子どもたちはどんな「ユーレカ」を叫ぶのでしょうか?
どんな小さな発見も一緒に喜び、感動を共有してあげたいものですねicon64


 

  


【ランキング参加中!ブログを応援して頂ける方、下記バナーを“ポチッと”お願いします。】
にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へにほんブログ村 ファッションブログ ジュエリーへ



Posted by hanabusa at 10:56Comments(0)宝石雑学ジュエリー

2016年08月03日

防水時計の防水性を過信しないで



夏になると 時計の内部に湿気が入ったり、水が入ったりしてメンテナンスにお持ちくださるお客様が激増します。
機能以上の水圧が時計にかかると時計内部に湿気や水が入ってしまうからです。

まずはご自分の時計の防水性を確認してください。
文字盤上や裏蓋に
①WATERRESIST20bar  とか  ②WATER RESIST200m  と記載してあります。

①は20気圧防水 「日常生活用強化防水」。
水仕事やシャワーから、水上のマリンスポーツや水泳・素潜りなどのシーンに対応しています。
潜水用には使えないのでご注意ください。

②200m防水  「潜水用防水」。
水深200mまで潜ることが可能なダイバーズウオッチです。

でも でも でもicon67

icon77ちょっとまった

時計修理受付現場からみると、防水時計とうたった時計ほど、時計に湿気、水入りしていることが多いのです。
その理由は下記の2つ

原因1) 防水性の低下
定期的にパッキンを交換しなければ防水性は低下します。
裏蓋、リュウズ周のサビや摩耗で防水性は低下します。
ガラスの傷や欠け、接着劣化でも同様です。
これらを回避するには2年~3年ごとのパッキン交換、防水検査が必要になります。

原因2) 単純な操作ミス
リュウズの締め忘れ、水滴が付着したままのボタン操作など

結論!
防水時計を過信しないでください
となります face11


   

  


【ランキング参加中!ブログを応援して頂ける方、下記バナーを“ポチッと”お願いします。】
にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へにほんブログ村 ファッションブログ ジュエリーへ



Posted by hanabusa at 15:40Comments(0)時計雑学時計修理相談