› ハナブサ 時と宝石のブログ › 時計雑学 › 長持ち電池ください 

2009年03月16日

長持ち電池ください 





時計の電池見たことありますか?



一番小さいものは 直径4ミリ 厚さ1.6ミリ
五円玉の穴に スッポリ収まります。
そんな小さいのに電池寿命は殆どの場合約2年



みなさんは電池の性能がいいからっと
思ってるんじゃありませんか?


もちろん小さな電池を作る技術が
大変な進歩を遂げてきたのは確かですが
電池寿命は時計そのものに大きく影響されるのです。


時計を動かす時に使う電気の量
それを私たちは消費電流とよんでいます


腕時計の歴史は小型化への歴史ともいえます
小さい時計には当然小さい機械しか
入れることができません。
電池は さらに小さくせざるを得ないわけです。



小さな小さな電池で2年以上 もたせるためには
消費する電気の量を極端に少なくしなければなりません。



現在市販されている時計の中で
最も少ないのは
0.2μA (マイクロアンペア)


家電品が消費する量の
約1000万分の1なのです。


歯車の汚れや潤滑油の劣化が
発生するととたんに調子が
落ちてしまいます


私たちはこのほんな少しの汚れと
日夜格闘しているのです。


                            時計修理技能士より

【ランキング参加中!ブログを応援して頂ける方、下記バナーを“ポチッと”お願いします。】
にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へにほんブログ村 ファッションブログ ジュエリーへ


同じカテゴリー(時計雑学)の記事画像
電池の安全装置が働くと液漏れする!?
北九州エコライフステージ2016年に出展します!!
End of life(エンドオブライフ)と 電池交換
競泳のタイムは「100分の1秒」な訳~「金メダルおめでとう」に寄せて
防水時計の防水性を過信しないで
バードウィーク(愛鳥週間)ですから・・・カッコー時計
同じカテゴリー(時計雑学)の記事
 電池の安全装置が働くと液漏れする!? (2016-11-19 17:27)
 北九州エコライフステージ2016年に出展します!! (2016-10-03 15:35)
 End of life(エンドオブライフ)と 電池交換 (2016-08-13 18:05)
 競泳のタイムは「100分の1秒」な訳~「金メダルおめでとう」に寄せて (2016-08-07 15:56)
 防水時計の防水性を過信しないで (2016-08-03 15:40)
 バードウィーク(愛鳥週間)ですから・・・カッコー時計 (2016-05-12 15:18)

この記事へのコメント
おはようございます(^-^)

うゎ〜(-_-;)
技術と根気のいる作業ですね…

分解するのは好きなんですが…いつも家内に怒られています(--;)
Posted by ふたば・ひなのパパ at 2009年03月16日 09:04
そうなんですね。実は大好きな時計の電池がすぐに切れてしまうので、修理を頼んだところ、「不可」と帰ってきました。そういう事情だったのでしょうか。いまだに大切に仕舞っています。
Posted by komorebigarden at 2009年03月16日 09:14
驚くほど繊細な
職人さんの世界ですね。
指先の技術に加えて
精神力にも大きな比重があるんでしょう。
すごーい。
Posted by めた・りっくめた・りっく at 2009年03月16日 09:26
ホント、時計の電池って小さいですよね!!
これで・・・ってくらい長持ちするんですよね。
ビックリしちゃいます!!
でも、職人さんはすごいって思います。。。。
Posted by naganaga at 2009年03月16日 09:34
時計修理技能士さんへ
私には未知の世界の時計の中で何が起こっているか
少しだけ理解できた気がします。
微細な精密機械のお仕事に携わられる時計修理技能士さんのお姿は、
先日お伺いしたときに見せていただきましたが
大変根気の要るお仕事だと、改めて感じました。
Posted by kiyomikiyomi at 2009年03月16日 11:28
ふたば・ひなのパパ さんへ

ちなみに小学3~4年の頃自宅の
固定電話(黒電話)を分解して
こっぴどく怒られた事を
思い出しました。
中からまるで映画の中に出てくる
爆弾の起爆装置みたいな
ごちゃごちゃにからまった
いろんな色のリード線が飛び出して
ゾーっとしました
Posted by hanabusa時計修理技能士 at 2009年03月16日 11:29
komorebigarden さんへ


その大好きな時計は何とかして直して
あげたいですね。
よほど年代モノでなければ大丈夫
だと思うのですが
修理不可の理由は聞かれましたか?
Posted by hanabusa時計修理技能士 at 2009年03月16日 11:39
めた・りっく さんへ


ピンセットの先に直径1㎜ぐらいの
ねじをつまむときは
殆ど無意識のうちに息をとめていたり
しているようです。
作業中はいつもとはまったく別の
人格にのっとられている感じです
Posted by hanabusa時計修理技能士 at 2009年03月16日 11:54
そうなんだ~‥

一切興味をもったことのない分野だけど奥が深い! 勉強してみるとはまってしまうかも‥
Posted by RYO at 2009年03月16日 12:06
naga さんへ


コメント有難うございます
殆ど毎日分解して洗って組み立てて
の連続なんですが
いつも仕上げた時計の最終チェックの
時は一番緊張します。
これから持ち主のために昼も夜も
一瞬も休まず動き続けるだけの
元気が出たかどうかを
診てあげるのですから。
Posted by hanabusa時計修理技能士 at 2009年03月16日 12:11
kiyimi さまへ


心優しいコメント感謝です
お姿などとおっしゃって頂いたのは
涙が出そうです。


とにかく時計君たちはホントに
無口なので
痛い とか 痒いとか
ぜんぜん 言ってくれません。

せいぜい 朝だ 起きろ とか

そんな彼らですが
中身はいろいろなんです

大事につきあって
あげてくださいね
Posted by hanabusa時計修理技能士 at 2009年03月16日 12:28
RYOさんへ


そ~~~~なんです
奥がふか~~~いのです 
どうぞどうぞ はまっちゃって下さい (*^-゚)vィェィ♪
Posted by hanabusa at 2009年03月16日 12:34
みなさまへ


ハナブサの技能士さんこと ダンナ様は
時計修理は得意ですが
パソコンのキーボードはちょっと苦手のようで
あとは 私が代わって 返コメを・・・
    

あれ? もう終わっちゃった??
Posted by hanabusa at 2009年03月16日 12:41
>あれ? もう終わっちゃった??

思わず笑っちゃいました!!!


技能士のダンナ様を尊敬してしまいます!
細かい作業は集中力が大変だと思います。

うー、想像するだけで肩が凝りそうです。
Posted by 店長店長 at 2009年03月16日 16:39
店長さんへ


ありがとうございます
肩こりは 確かにスゴイ!
時計を好きでなければ 絶対に出来ない仕事です
    ρ(′▽`o)ノ゙ ファイトォ~♪
Posted by hanabusa at 2009年03月16日 17:12
hanabusa時計修理技能士さま、ご親切に有難うございます。修理できるものなら・・・。「不可」の理由は単に「うちではできません。」でした。もし甦るのでしたら、嬉しいです!今度お持ちしてみますね。お仕事増やしてスミマセン!
Posted by komorebigarden at 2009年03月16日 17:19
全然知らない世界でした!

新しい知識を教えていただけてうれしいです〜
(^O^)/
Posted by しろこ at 2009年03月16日 18:25
komorebigardenさんへ


動かなくなった時計が
動き始めたとき
とても充実感を感じます

この仕事を始めた頃なんか
周りにいる人に
ほら ほら ほら!!!

うれしさいっぱいで
みせてまわってたほどでした

どうぞ 是非 ご遠慮なく
お越し下さいませ
Posted by hanabusa at 2009年03月16日 18:29
しろこちゃんへ


そうおっしゃって下さると とても嬉しいです 
また 修理に戻ってしまった技能士になりかわり
・・・・・ v(^∀^) ぁりがと~ございます
Posted by hanabusa at 2009年03月16日 19:08
僕の仕事水使うから・・・

時計すぐに、いかれます。

Gショックみたいなの使えって話ですが・・・

あんま、すきじゃないので。動かない時計何個ももってます。

直るのかな?
Posted by エーシーサーブ at 2009年03月16日 19:09
エーシーサーブさんへ


なんとかなるかも・・・しれません
一度お持ちくださいませんか?
機械がサビていると思いますが
部品交換で大丈夫な場合もありますから・・・
Posted by hanabusahanabusa at 2009年03月16日 20:15
時計修理技能士さんって、
入り口のところで座っておられる方ですか???

職人さんの技術、日本の誇りです。
Posted by おちゃ at 2009年03月16日 21:25
おちゃさんへ


そこまでおっしゃっていただくと
ちょっと こそばゆいのですが・・・
入口で透明な衝立でガードされながら
もくもくと修理をしているのが 技能士さんたちです。
店頭では3人の技能士さんが交替で
皆様からのご相談にお答えしています。
Posted by hanabusa at 2009年03月16日 22:14
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。