› ハナブサ 時と宝石のブログ › 時計雑学

2016年08月13日

End of life(エンドオブライフ)と 電池交換



End of life・・・・ 「人生の終わり」「人生の最終段階」

「お盆」になりました。
今は亡き大切な人やご先祖様に思いを馳せ、「生と死」を考える機会です。
最近では 「終活」や「エンドオフライフケア」など 死ぬことを考えることにより、どう生きていくかを考える前向きな提案が増えてきました。
元気な時だからこそ 話せる事かもしれませんね。

ところで・・・
「End of life」という言葉は時計の機能にも用いられています。
略して EOL

まさしく 「(電池式)時計の人生の終わり」を知らせる機能です。
通常1.55Vの電池電圧が 1.35V~1.4Vに下がった時、針の動きを変えて電池寿命が近いことを知らせてくれます。
それまで1秒毎に針が進んでいたものが、突然数秒ごとに動くようになります。
音で表現すれば・・・
チッチッチッチッチッチッ
と動いていたものが
チチチッ・・・チチチッ・・・
といった動きになります。 
秒針の動きは変わりますが、時間は狂いません。


この動きが始まったら 数日から1週間で止まってしまいます。
全ての時計にこの機能が備わっているわけではないので、長年時計を愛用されていた方でも 初めてこの動きを見たときは「壊れてしまったicon66icon67
と慌てられる方が多いようです。


慌てず、焦らず、でも出来るだけ早い機会に電池交換をされてください。
放置すると液漏れのリスクが高まります。
電池寿命のエンドというだけで、時計そのものはまだまだ動き続けてくれるはずですからface15


 




  


【ランキング参加中!ブログを応援して頂ける方、下記バナーを“ポチッと”お願いします。】
にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へにほんブログ村 ファッションブログ ジュエリーへ



Posted by hanabusa at 18:05Comments(0)時計雑学

2016年08月07日

競泳のタイムは「100分の1秒」な訳~「金メダルおめでとう」に寄せて

競泳

萩野公介選手 リオオリンピック400m個人メドレーの優勝!
おめでとぉぉぉヽ(゚▽゚)(゚▽゚)o∠※PAN!。.:*:・'゚☆。.:*:・'゚★゚'・:*

記録は4分6秒05

現在水泳の記録は100分の1秒単位で争われていますがこれには歴史があります。
1972年ミュンヘン・オリンピックの 400m個人メドレーで 4分31秒98の記録で2名の選手が同時にゴールface08
ルールに従って1000分に1秒単位の記録を元に1000分の2秒差で金メダルと銀メダルに分かれました。

けれど このことが物議を醸しだしました。
「水のうねりなどによってコースの条件は異なるのに、1000分の1秒単位で争うことは公平なのか・・・」
国際水連はルールを改正し
「100分の1秒単位で同タイムの場合は同着とする」
となりました。

この改正ルールによって 1984年のロサンゼルスオリンピックで女子100m自由形決勝で2人の金メダリストが誕生しました。


今回、萩野公介選手 瀬戸大也選手お二人の同タイムによる金メダルにはなりませんでしたが、試合後の瀬戸選手の前向きな発言に胸キュンface05となりました。
選手のみなさんの努力にエールを送ります。


   
  


【ランキング参加中!ブログを応援して頂ける方、下記バナーを“ポチッと”お願いします。】
にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へにほんブログ村 ファッションブログ ジュエリーへ



Posted by hanabusa at 15:56Comments(0)時計雑学

2016年08月03日

防水時計の防水性を過信しないで



夏になると 時計の内部に湿気が入ったり、水が入ったりしてメンテナンスにお持ちくださるお客様が激増します。
機能以上の水圧が時計にかかると時計内部に湿気や水が入ってしまうからです。

まずはご自分の時計の防水性を確認してください。
文字盤上や裏蓋に
①WATERRESIST20bar  とか  ②WATER RESIST200m  と記載してあります。

①は20気圧防水 「日常生活用強化防水」。
水仕事やシャワーから、水上のマリンスポーツや水泳・素潜りなどのシーンに対応しています。
潜水用には使えないのでご注意ください。

②200m防水  「潜水用防水」。
水深200mまで潜ることが可能なダイバーズウオッチです。

でも でも でもicon67

icon77ちょっとまった

時計修理受付現場からみると、防水時計とうたった時計ほど、時計に湿気、水入りしていることが多いのです。
その理由は下記の2つ

原因1) 防水性の低下
定期的にパッキンを交換しなければ防水性は低下します。
裏蓋、リュウズ周のサビや摩耗で防水性は低下します。
ガラスの傷や欠け、接着劣化でも同様です。
これらを回避するには2年~3年ごとのパッキン交換、防水検査が必要になります。

原因2) 単純な操作ミス
リュウズの締め忘れ、水滴が付着したままのボタン操作など

結論!
防水時計を過信しないでください
となります face11


   

  


【ランキング参加中!ブログを応援して頂ける方、下記バナーを“ポチッと”お願いします。】
にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へにほんブログ村 ファッションブログ ジュエリーへ



Posted by hanabusa at 15:40Comments(0)時計雑学

2016年05月12日

バードウィーク(愛鳥週間)ですから・・・カッコー時計

ツバメの子


先日 ツバメが飛んでいるのを見かけました。
「ツバメ返し」とはよく言ったもので、その飛び方のシャープさには目をみはるものがありますネ
動体視力の弱めな私としては その姿を追いかけるのが精一杯ですface11

さてさて、5月10日から5月16日は「愛鳥週間(バードウィーク)」です。
アメリカの鳥類学者・オースチン博士の提唱で始まったそうですが、新緑の眩しいこの季節に森林浴とバードウォッチングが出来れば心癒されそうface02
あいにくの雨続きだし、お仕事も忙しいという方は我が家でバードウォッチングはいかがでしょうか?
時計屋さんがお勧めするバードウォッチング・・・お分かりですねface11
カッコー時計(ハト時計)です


毎正時、家の窓から飛び出して「ホッホー」とどこか懐かしさを感じる鳴き声で時を告げてくれます。
最近の掛け時計の音色は殆どが電子音に切り替わっていますが これは電子音ではないicon66icon77 
圧縮した空気を勢い良く送り出し、笛をならす「和紙製蛇腹式ふいご機構」で出来る音です。



伝統的な構造のふいご機構は 電子化の波に飲まれ次々と姿を消していったそうですが、リズム時計工業株式会社さんは 40 年くらい前から量産化をし続けています。
風を活かし、自然界の音に見立てたハト時計の「ホッホー」という時報。
「癒やし」を求める今だからこそいつまでも 残しておいて欲しい技術のひとつです。



商品情報
リズム時計 カッコークオーツ 4MJ422SR06 ¥50,000(+税)

・クオーツカッコー時計(時報+オルゴール付)
・時報機能付
毎正時になるとカッコーが数取りします。
報時音の後、18編オルゴールが流れ、水車が回転します。
(日本電産サンキョー製)
・カッコーの鳴き声(報時音)は、当社独自のふいご機構を使用しています。
・暗所自動鳴り止めセンサー付
・モニター付
・単2アルカリ電池1本使用
・サイズ:530×390×172mm(重鎮含まず)


ユーチューブで動画をご覧いただけます→https://youtu.be/YghfmTMnHHE



  


【ランキング参加中!ブログを応援して頂ける方、下記バナーを“ポチッと”お願いします。】
にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へにほんブログ村 ファッションブログ ジュエリーへ



Posted by hanabusa at 15:18Comments(0)時計雑学

2015年08月12日

真夏の線路と時計のゼンマイ



まっすぐにどこまでも続く線路。
人生を投影したり、故郷を思い出したり・・・
そして、ガタンゴトンガタンゴトン・・・という車内に響く音。私達の原風景かもしれませんね。


さて、このガタンゴトンという音は、線路と線路の繋ぎ目の隙間の上を列車が通りすぎる時に出る音です。
金属で出来ている線路は熱により伸びてしまいますので、わざと隙間を開けてつないでいます。設計段階での想定を上回る暑さが続く中、当初開けておいた隙間以上に金属が伸びてしまったら、線路が曲がってしまう危険性があるので、真夏の炎天下、線路保安の人たちが線路に異常がないか点検をしてくださっています。
本当にこの猛暑なんとかならないもでしょうかface14


これと同じ現象が機械式時計の中でも起こります。

機械式時計の要である「ゼンマイ」は 人間の髪の毛ぐらいの細さで出来ています。このゼンマイが暑さにより伸びて、機械の精度に影響を与えてしまうことがあります。
つい最近分解掃除をしたばかりだけれど、夏になったら時計の遅れが気になりだした。
という時は ひょっとしたら暑さの影響であり、機械の不良ではないのかもしれません。

毎日 どれくらい時計を身につけているか?
腕をちゃんと振って 沢山歩いているか?
時計を腕につけていないときは どんな向きにおいたら良いか?
気温はどれくらいか?
日常生活において時計を取り巻く環境と時計の精度は密接に結びついています。

「そんなの面倒!!」
と思われるか
「それって面白いですね!!」
となるかが クオーツ式の時計を選ぶか機械式の時計を選ぶかの判断基準になるのかも知れませんicon53


  


【ランキング参加中!ブログを応援して頂ける方、下記バナーを“ポチッと”お願いします。】
にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へにほんブログ村 ファッションブログ ジュエリーへ



Posted by hanabusa at 13:31Comments(0)時計雑学