› ハナブサ 時と宝石のブログ › 時計雑学

2016年05月12日

バードウィーク(愛鳥週間)ですから・・・カッコー時計

ツバメの子


先日 ツバメが飛んでいるのを見かけました。
「ツバメ返し」とはよく言ったもので、その飛び方のシャープさには目をみはるものがありますネ
動体視力の弱めな私としては その姿を追いかけるのが精一杯ですface11

さてさて、5月10日から5月16日は「愛鳥週間(バードウィーク)」です。
アメリカの鳥類学者・オースチン博士の提唱で始まったそうですが、新緑の眩しいこの季節に森林浴とバードウォッチングが出来れば心癒されそうface02
あいにくの雨続きだし、お仕事も忙しいという方は我が家でバードウォッチングはいかがでしょうか?
時計屋さんがお勧めするバードウォッチング・・・お分かりですねface11
カッコー時計(ハト時計)です


毎正時、家の窓から飛び出して「ホッホー」とどこか懐かしさを感じる鳴き声で時を告げてくれます。
最近の掛け時計の音色は殆どが電子音に切り替わっていますが これは電子音ではないicon66icon77 
圧縮した空気を勢い良く送り出し、笛をならす「和紙製蛇腹式ふいご機構」で出来る音です。



伝統的な構造のふいご機構は 電子化の波に飲まれ次々と姿を消していったそうですが、リズム時計工業株式会社さんは 40 年くらい前から量産化をし続けています。
風を活かし、自然界の音に見立てたハト時計の「ホッホー」という時報。
「癒やし」を求める今だからこそいつまでも 残しておいて欲しい技術のひとつです。



商品情報
リズム時計 カッコークオーツ 4MJ422SR06 ¥50,000(+税)

・クオーツカッコー時計(時報+オルゴール付)
・時報機能付
毎正時になるとカッコーが数取りします。
報時音の後、18編オルゴールが流れ、水車が回転します。
(日本電産サンキョー製)
・カッコーの鳴き声(報時音)は、当社独自のふいご機構を使用しています。
・暗所自動鳴り止めセンサー付
・モニター付
・単2アルカリ電池1本使用
・サイズ:530×390×172mm(重鎮含まず)


ユーチューブで動画をご覧いただけます→https://youtu.be/YghfmTMnHHE



  


【ランキング参加中!ブログを応援して頂ける方、下記バナーを“ポチッと”お願いします。】
にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へにほんブログ村 ファッションブログ ジュエリーへ



Posted by hanabusa at 15:18Comments(0)時計雑学

2015年08月12日

真夏の線路と時計のゼンマイ



まっすぐにどこまでも続く線路。
人生を投影したり、故郷を思い出したり・・・
そして、ガタンゴトンガタンゴトン・・・という車内に響く音。私達の原風景かもしれませんね。


さて、このガタンゴトンという音は、線路と線路の繋ぎ目の隙間の上を列車が通りすぎる時に出る音です。
金属で出来ている線路は熱により伸びてしまいますので、わざと隙間を開けてつないでいます。設計段階での想定を上回る暑さが続く中、当初開けておいた隙間以上に金属が伸びてしまったら、線路が曲がってしまう危険性があるので、真夏の炎天下、線路保安の人たちが線路に異常がないか点検をしてくださっています。
本当にこの猛暑なんとかならないもでしょうかface14


これと同じ現象が機械式時計の中でも起こります。

機械式時計の要である「ゼンマイ」は 人間の髪の毛ぐらいの細さで出来ています。このゼンマイが暑さにより伸びて、機械の精度に影響を与えてしまうことがあります。
つい最近分解掃除をしたばかりだけれど、夏になったら時計の遅れが気になりだした。
という時は ひょっとしたら暑さの影響であり、機械の不良ではないのかもしれません。

毎日 どれくらい時計を身につけているか?
腕をちゃんと振って 沢山歩いているか?
時計を腕につけていないときは どんな向きにおいたら良いか?
気温はどれくらいか?
日常生活において時計を取り巻く環境と時計の精度は密接に結びついています。

「そんなの面倒!!」
と思われるか
「それって面白いですね!!」
となるかが クオーツ式の時計を選ぶか機械式の時計を選ぶかの判断基準になるのかも知れませんicon53


  


【ランキング参加中!ブログを応援して頂ける方、下記バナーを“ポチッと”お願いします。】
にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へにほんブログ村 ファッションブログ ジュエリーへ



Posted by hanabusa at 13:31Comments(0)時計雑学

2015年04月29日

優雅なデザインのキャリッジクロック(馬車の時計)

キャリッジクロック

とっても素敵な時計のメンテナンスです。天真別作を含む分解掃除です。


機械式時計の歴史は教会の塔時計から始まり、ホールクロックの発展へ繋がっていきました。そして、18世紀頃には軽量化・小型化がどんどん進み貴族社会では装飾性の豊かなキャリッジクロックが流行しました。馬車(carriage)で旅行するときに携行したことからこの名がつけられました。今で言うトラベルウォッチですが、貴族社会ではある種のステータスシンボルになっていたようです。

貴族といえば・・・フランスやイギリスが思い浮かびますが、キャリッジクロックもフランス製やイギリス製が殆どです。お預かりした時計は天使が描かれた文字盤に LONDON と記載されています。やはりイギリス製 face15

機械が動く様子は上部の窓から確認できます。

高さ15cm前後の小さな小さな時計ですが、当時の時計師達が技術の粋を集め完成させていき、その後の時計の発展にも大きな影響を及ぼしました。この時計が部屋にある生活なんて!とっても憧れます。face05ヨーロッパ貴族の優雅な生活に浸れそうですね。

アンティーク時計のメンテナンスについて
メンテナンスの注意事項はこちらをご参照ください→ http://mbp-fukuoka.com/hanabusa/column/8296/



  


【ランキング参加中!ブログを応援して頂ける方、下記バナーを“ポチッと”お願いします。】
にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へにほんブログ村 ファッションブログ ジュエリーへ



Posted by hanabusa at 13:40Comments(0)時計雑学

2014年10月11日

東京オリンピックの公式時計~初めてのノークレーム時計



昨日 10月10日は50年前に東京オリンピックが開催された日
節目の年でもありますし、2020年のオリンピックを控え
様々な報道があったようですネ
(久しぶりの休日で殆ど テレビは見ていませんでしたが・・face11
東京オリンピックの公式時計はSEIKOでした
日本で開催されたオリンピックだったから
日本製の時計が採用されたというわけではありません

オリンピック開催の2年前に開催された
公式時計決定会議のテストで
第二精工舎が開発した機械式ストップウォッチの誤差が
それまで使用されていた海外メーカーの時計の誤差より
大幅に改善されたことが認められたからです

東京オリンピックのテーマは「科学のオリンピック
セイコーはそのテーマにふさわしく
開発初期のクオーツ時計や光電管を使った着順判定機等
なんとicon771278個もの機材をゼロから開発
という とんでもないことを成し遂げました。
その結果
着順や計時に関してクレームが発生しなかった初めてのオリンピック
といわれたそうです
世界のセイコーの誕生icon97です

気になる2020年の公式時計ですが
こちらは オリンピック開催地が東京に決定される前から
オメガに決定していました
う~~~んちょっと残念icon10
 
50年前の偉業を 日本の ひとつの民間企業が成し遂げたことは
職人・技術者・関係者の情熱と知識の結集の結果です
私たちも 誇りに思うとともに 少しでも見習いたいものです
   



  


【ランキング参加中!ブログを応援して頂ける方、下記バナーを“ポチッと”お願いします。】
にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へにほんブログ村 ファッションブログ ジュエリーへ



Posted by hanabusa at 09:11Comments(0)時計雑学

2014年10月07日

2014年皆既月食 秋の夜空とムーンフェイズと・・

ムーンフェイズ

2014年10月8日(水19:24~20:24)は皆既月食です
天気予報では晴れですから
秋の夜長 お月見だんごを食べながら あるいはicon142を飲みながら
ゆったりした気分で優雅に天体ショーを観察するというのはいかがでしょう

そこで 今日はムーンフェイズのお話です
時計と暦はとっても深い関係があります
時計修理技能士の試験でも
CWCウォッチコーディネーターの試験でも
暦に関する問題は必須項目となっています

ムーンフェイズとは「相」
ムーンフェイズのフェイズとは「相」
つまり地球から見たときの月の形を表しています
上の写真(ウルゴスのホールクロック)であるように
濃紺の星空に月が浮かんでいるように表示されています

18世紀後半 天才時計師ブレゲが現在と同じ仕組の
ムーンフェイズの時計を作っています
オイルランプの街灯がパリの街に登場したのが18世紀後半ですから
月の明かりの有無は 当時の人々にとって
重要な情報だったと思います

今では 月の満ち欠けの情報を必要とする人は
殆どいらっしゃらないかと思いますが
ムーンフェイズの時計は その機構の面白さや文字盤の美しさで
根強い人気があります



  


【ランキング参加中!ブログを応援して頂ける方、下記バナーを“ポチッと”お願いします。】
にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へにほんブログ村 ファッションブログ ジュエリーへ



Posted by hanabusa at 21:16Comments(0)時計雑学